メインイメージ画像

大阪のデリヘルはカンペキ

セクシーなその姿勢にも興奮してしまう。大阪の韓国デリヘルで3P。すでに股間はカチカチで、優しくフェラしてくれないかと焦らされる思いで待っていたとき、タマのからサオまで熱い舌が這い上がる感触がした。やっとユリがフェラを始めたようだ。上半身担当のアヤは両乳首に交互に吸い付き、舌でつついては首筋から耳たぶを舐めるを繰り返す。特に首筋から耳たぶに熱い息を吹きかけながら舌を這わされると、ゾクゾクしてしまう。

きつくて温かいそれは何の感触?「ウツブセ、ナッテクダサイ」私が身体をひねってうつ伏せになるとアヤが背中から脇腹を舐め、ユリの舌がアナル付近を攻める。尻肉を左右に開かれ少し腰を浮かせるとタマから戸渡りを通ってアナルまで、先をとがらせた舌がツツ~ッと渡り切るし「アゥゥゥ」(このコ、オレがお願いしたかったこと、言わなくてもわかってる)くすぐったさと気持ちよさで身体に力が入りウメキ声が出る。背中にはアヤのおっぱいと硬い乳が這い寄っている。全身を打つ快感に体はガチガチ。浮かせた腰をヒクヒクさせながら、タマ裏とアナル舐めの快感を十分に味わっていると、腰を抱えられ仰卯けになるように促された。

「ハァ!!」やっと解放された。快感地獄に、全身の力が抜けた。(でも、もうちょっと楽しみたかったかも)仰向けになるとふたりが何か話し、ユリが手を伸ばして枕元にある何かを取ると、アヤが抱きついてくる。